松本純の国会奮戦記

今日の予定・昨日の動き

 トップへ 国会奮戦記目次へ まちかど政治かわら版目次へ

今日の主な予定(抜粋)

3月23日(木)曇り時々晴れ
■0700〜(地元)第30回早朝駅頭演説会/屛風浦駅、根岸駅
●0800〜(党)社会保障制度に関する特命委員会 医療に関するPT/702
●0900〜(政務)面会/議員会館
●0920〜(公取)衆本会議説明/役所
●1000〜(警察)国家公安委員会/役所
●終了後〜(警察)記者会見/役所
■1000〜(国会)参予算委員会/参院第1委員会室
■1030〜(政務)遺骨引渡式/千鳥ヶ淵戦没者墓苑
●1130〜(政務)為公会例会/為公会事務所
●1215〜(党)代議士会/衆院第14控室
●1230〜(国会)衆本会議/衆院本会議場
■1400〜(地元)柳通り会/センターグリル
●1445〜(警察)生活安全局説明/役所
■1450〜(国会)衆予算委員会/衆院第1委員室
●1500〜(警察)警備局説明/役所
●1515〜追悼式準備室説明/役所
●1520〜(警察・消費)説明/役所
●1540〜(消費)消費者庁説明/役所
●1550〜(海洋)内閣官房説明/役所
■1600〜(政務)有床診療所の活性化を目指す議員連盟総会/701
●1630〜(政務)打合せ/議員会館
●1715〜(政府)月例経済報告等に関する関係閣僚会議/官邸
●1800〜(政務)漆原良夫君を囲む激励の会/ホテルニューオータニ
●1830〜(政務)中西祐介君を励ます集い2017/都市センターホテル
■1930〜(地元)平成28年度横浜市薬剤師会臨時総会/神奈川県総合薬事保健センター

昨日の主な動き(抜粋)

3月22日(水)晴れ

■0700〜(地元)第29回早朝駅頭演説会/山手駅

本日はJR山手駅でスタッフによる早朝駅頭広報活動を開催しました。本日の「まちかど政治瓦版」配布枚数は104枚/累計994枚、(古正30/累計358枚、斎藤41枚/累計357枚、森33枚/累計279枚)でした。(秘書古正報告)

●0800〜(政務)自由民主党社会保険労務士議員懇談会/701

自由民主党社会保険労務士議員懇談会総会が党本部701号室で開催されました。松本純大臣は議員懇談会事務局長として司会進行を務めました。開会に続き、懇談会森英介会長、全国社会保険労務士政治連盟堀谷義明会長、全国社会保険労務士会連合会大西健造会長から挨拶、引き続き出席議員懇談会議員から自己紹介、政治連盟皆様は政治連盟山中不二雄幹事長から、連合会皆様は政治連盟井原文孝幹事長代理から紹介がなされました。議事は、@新入会員の選任について(羽生田俊参議院議員、自見はなこ参議院議員の2名の新規入会の推薦が了承)、A会計報告について(了承)、B第8次社会保険労務士法改正後の課題について(説明:井原文孝政治連盟幹事長代理)、C社会保険労務士の要望事項について(説明:井原文孝政治連盟幹事長代理)、以上に関し活発な質疑応答・意見交換が行われました。最後に衛藤晟一幹事長の挨拶で閉会しました。(秘書渡部報告)

●0950〜(警察)参内閣委員会説明/議員会館

本日の参内閣委員会への対応について、打合せを行いました。

●1000〜(国会)参内閣委員会(委嘱審査)/参分館第31委員会室

参予算委員会・委嘱審査二日目の今日は、各常任委員会で予算審議が行われました。松本純内閣府特命担当大臣は、内閣委員会での質問に答弁を行いました。(秘書鈴木報告)

【案件】(敬称略)
◎平成29年度総予算
○長坂康正政務官就任挨拶
○国会所管、会計検査院所管の予算説明
○質疑
・上月良祐(自民)→石原国務、細田農林水産政務官
・里見隆治(公明)→松本国務、加藤国務、末松国土交通副
・田村智子(共産)→加藤国務
・清水貴之(維新)→加藤国務、山本幸三国務
・矢田わか子(民進)→松本国務、加藤国務、鶴保国務
・山本太郎(希望)→山本幸三国務

▼里見隆治議員(公明)から、3月12日に施行された改正道路交通法に関して、認知症に係る診断を行う医師の確保について質問があり、取組の現状及び今後の方針について答弁しました。
▼矢田わか子議員(民進)から、個別の案件に関連して、捜査の在り方に関する質問があり、一般的な捜査の考え方について答弁しました。
▼矢田わか子議員(民進)から、竹島や尖閣諸島に関する広報活動について質問があり、竹島及び尖閣諸島は我が国固有の領土であるという我が国の立場が一層浸透していくよう引き続き発信を強化していくことを答弁しました。

●1010〜(領土)参内閣委員会説明/議員会館

本日の参内閣委員会への対応について打合せをしました。

●1300〜(政務)日本薬剤師連盟平成28年度定時評議員会/スクワール麹町

日本薬剤師連盟平成28年度定時評議員会がスクワール麹町3階「錦華」で開催されました。高木秀彦司会常任総務の司会で進行され、山本信夫会長からの挨拶の後、薬剤師国会議員として、松本純衆議院議員、とかしなおみ衆議院議員、逢坂誠二衆議院議員から挨拶がなされました。議長選任に続き議事に入り、平成29年度厚生労働省予算案並びに税制改正について、薬価の毎年改定問題について、敷地内薬局の誘致問題について、一部負担金に係るポイント付与問題について等の重要事項の経過報告、平成28年度会務並びに事業中間報告の件、第24回参議院議員通常選挙結果総括報告の件、組織内統一候補者選考報告の件、平成29年度事業計画の件、平成29年度責任負担金賦課額に関する件、平成29年度責任負担金単価及び減免措置に関する件、平成29年度収入支出予算の件、平成29年度借入金最高限度額の件などが審議されました。(秘書渡部報告)

●1415〜(海洋)内閣官房説明/役所

総合海洋政策本部参与会議意見書の手交に先立ち、打合せを行いました。

●1500〜(海洋)総合海洋政策本部参与会議意見書の手交(宮原座長)/役所

総合海洋政策本部参与会議の宮原耕治座長(日本郵船株式会社相談役)が来訪され、総合海洋政策本部参与会議の意見書をいただきました。私からは、宮原座長をはじめ参与の皆様に精力的な議論をしていただいたことにお礼を言うとともに、この提言を十分踏まえて取組を推進していくことをお答えしました。

●1520〜ぶら下がり会見/役所

冒頭、私から「総合海洋政策本部参与会議の意見書の手交」について発言し、宮原座長とともに記者からの取材を受けました。

総合海洋政策本部参与会議の意見書の手交について

 先ほど、総合海洋政策本部参与会議の宮原座長より「意見書」を手交頂きました。

 宮原座長からは、今年度の参与会議では、海洋政策に関する4つの重要なテーマについて、プロジェクトチームを設置して集中的に評価・検討を行い、また、次期海洋基本計画の策定に関しても基本的な考え方について併せて検討を行った結果、これらを意見書として取りまとめた旨の御説明がありました。そして、この意見書の提言を十分に踏まえた上で、政府として総合海洋政策本部を中心に取り組むこと、また、特に、次期海洋基本計画の策定に当たっては、4月以降本格化する参与会議での審議に当たって政府に積極的に協力頂きたい旨の御要請がありました。

 まず、これらの重要なテーマに関する参与会議の提言に関しましては、総合海洋政策本部事務局が中心となって、具体的な施策の取組を各府省と連携して進めるよう指示したところです。また、次期海洋基本計画の策定に関する提言に関しましては、近々、安倍総理を本部長とする総合海洋政策本部会合を開催する方向で調整中であり、政府としてしっかり対応するよう各府省に要請したいと考えています。

 いずれにせよ、海洋政策担当大臣として、今後とも意見書の提言が順次実現されますよう、関係省庁としっかりと連携しながら、海洋政策を推進してまいりたいと考えております。

●1535〜今日の国会

●1600〜(警察)交通局説明/役所

交通安全対策の検討状況について報告を受けました。

●1630〜(警察)組織犯罪対策部説明/役所

暴力団対策法の運用に関して説明を受けました。

■1630〜(政務)日本薬剤師連盟平成28年度定時評議員会懇親会/ホテルウィングインターナショナルプレミアム東京四谷

日本薬剤師連盟平成28年度定時評議員会懇親会がホテルウィングインターナショナルプレミアム東京四谷2Fテラスルームで開催され、ご案内を頂き代理で出席しました。岩本研副会長兼幹事長の司会で進行され、山本信夫会長からの挨拶の後、薬剤師国会議員として藤井基之参議院議員、とかしきなおみ衆議院議員の挨拶がありました。鳥海良寛副幹事長の乾杯の発声で懇談にうつりました。評議員会において、次期参議院議員選挙にむけて、組織内統一候補として、本田顕子候補を選考委員会の報告に基づき了承されたとのことでした。尾島博司副会長の中締めで閉会となったとのことでした。(秘書渡部報告)

●1635〜(警察)長官官房説明/役所

犯罪被害者等施策の検討に関して説明を受けました。

●1645〜(警察)生活安全局説明/役所

個別案件について報告を受けました。

●1700〜(警察)生活安全局説明/役所

生活安全行政に関して説明を受けました。

●1705〜(警察)長官官房説明/役所

明日の国家公安委員会定例会議について打合せを行いました。

■1800〜(地元)八八会/割烹「山田屋」

八八会の例会が割烹「山田屋」で開かれました。山田屋の美味しい割烹料理をいただきながらの例会の話題は島峰隆初代会長の東南アジア旅行の話しや大相撲大阪場所の行方、WBC(ワールドクラシックベースボール)の日本敗退などで盛り上がりました(秘書古正報告)(秘書古正報告)

●1800〜(国土)産業競争力懇談会(COCN)第13回全体会議/帝国ホテル

国の持続的発展の基盤となる産業競争力を高めるため、産官学協力のもと合同検討により政策提言としてとりまとめ、関連機関への働きかけを行う「産業競争力懇談会(COCN)」の全体会議が開催され、会員である産業界を中心とした方々との間で意見交換が行われました。私からは、冒頭、国土強靱化担当大臣として挨拶を行いました。

産業競争力懇談会(COCN)全体会議
松本純国土強靱化担当大臣 挨拶

 本日はお招きいただき、誠にありがとうございます。国土強靱化担当大臣の松本純でございます。

 産業競争力懇談会におかれましては、検討テーマにレジリエンスを取り上げられておりますこと、心から敬意を表します。また、国土強靱化に関する有識者会議であるナショナル・レジリエンス懇談会におきましても、プレゼンテーションを賜り、深く感謝を申し上げます。

 国土強靱化につきましては、平成26年に基本計画を国として決定しており、施策を進めているところでございます。また、国土強靱化地域計画につきましても全ての都道府県で策定済み又は策定中となっており、市町村の取組もこれに続き、本格的な推進段階に入っております。

 民間の主体的な取組も重要でありますので、「民間の取組事例集」や「取組促進施策集」を作成することにより、取組の促進を図ってまいりました。今年度からは、事業継続に積極的に取り組む事業者を第三者認証する制度として「国土強靱化貢献団体認証制度」をスタートしており、制度の普及を図っているところでございます。

 貴会から、今回、第5期科学技術基本計画の中心コンセプトである「Society5.0」の実現に向けて、集中すべき分野等についてご提言いただきました。中でも、「インフラの生産性向上とレジリエンス強化」の分野において、効率的なインフラの維持管理、災害対応ロボットの実装などは、まさに国土強靱化を推進する上で重要な視点であると考えています。レジリエンスの強化が新しい技術開発等によってしっかりなされるよう、引き続き関係府省庁と連携して、国土強靱化をしっかりと推進してまいります。

 今後とも、政府や地方自治体だけでなく、官民が連携してオールジャパンで強靱な国づくりを進めていきたいと考えております。何卒、皆様方のお力添えを、よろしくお願い申し上げます。

●1900〜(政務)政務懇談会/都内

三月末で退職される職員の慰労会が行われました。

3月の続き

これまでの国会奮戦記をご覧ください → 国会奮戦記目次

毎月一本発行しています → 「まちかど政治かわら版」目次


目次へ     トップページへ